女の人

身近になってきた美容整形【コンプレックスを解消する施術】

保険適用治療と美容治療

案内

美容外科の保険治療とは

美容整形治療は保険適用外のものが多いですが、中には保険適用可能な治療方法もあります。ワキガ治療や禁煙治療、一部骨格矯正治療など、健康的な生活を送るために、特定の部位の機能回復が必要であると認められた場合に保険適用となるようです。それでも全ての治療で保険が適用されるわけではなく、該当の部位に対して、決められた治療が行われるようです。あくまでも機能回復が目的のため、必要以上の美容効果を求めることは出来ません。また全ての美容外科で保険が適用できるわけではないため、治療先の美容外科で確認する必要があります。保険適用での治療が可能となれば、費用が嵩む手術ほど割引額が大きくなります。例えば立ち耳の手術などは、保険適用により費用は1/4程度に、腋臭治療であれば1/10程度まで費用を抑えることが出来るようです。ただし、保険適用による手術を希望する場合は、医師によってその必要性が認められなければいけません。また身体的治療においては、多少費用をかけても、美容要素の高い施術方法で治療を受けた方が、満足度が高い場合もあるようです。

保険治療と美容治療の比較

例えば腋臭治療は、美容整形と保険的適用治療では傷の残り方が異なります。美容整形の場合は、傷跡が目立たないような治療がメインとなり、中にはミラドライや超音波治療、ボトックスや電気凝固治療のように、傷跡が全く残らないような手術もあります。特に女性や脇の下を開放する機会のある人にとっては、脇の下に傷が残らないような施術を望むことでしょう。その点、保険適用治療の場合は、傷跡が残る剪除法で治療が行われるようです。剪除法の場合は傷跡が大きく残るほか、手術後数週間のダウンタイム、そして複数回の通院という手間が必要です。またダウンタイム期間においては、脇の下がタイオーバーにより固定されているため、腕を上げることができなくなることもあるようです。これらのことを踏まえた上で、保険適用手術と美容整形手術を比較し、自分で良いと思う方を選ぶ必要があります。保険適用による手術のメリットは、費用が安いということ、美容整形手術のメリットは、美容効果が高いということです。