女の人

身近になってきた美容整形【コンプレックスを解消する施術】

憧れの身体を手に入れる

美容整形

頑固な下半身太り

薄着の季節となると、ダイエットに励む人が増えてきます。ダイエットの基本は食事制限と運動であり、継続して実践することで、理想のスタイルに近づけます。しかし、食事制限や運動をして腕、胸、お腹の脂肪は減るのに、なかなか腰、お尻、太ももの贅肉がとれない方はもしかすると下半身に存在している脂肪組織の数が多いのかもしれません。ダイエットをすると体重の減少とともに体についている脂肪も減っていきます。しかし、この脂肪が減るというのは、脂肪組織の数が減るわけではなく、太った脂肪組織が痩せて相対的に脂肪組織の体積が減っているということです。脂肪組織の数は減らないということは、脂肪組織数が多ければダイエットをしても減りにくく、そして太りだすと他の部位よりも顕著に太り具合が見て取れるということになるわけです。そこで、根本の脂肪組織の数を減らす方法として、最も有効な美容整形として脂肪吸引が存在しています。脂肪吸引と聞くと、相撲取りのように太った方が行う美容整形と思っているかもしれませんが、太っていない若い女性も美容整形として脂肪吸引を利用しています。美容整形としての脂肪吸引、気になりませんか。

脂肪吸引のメリット

脂肪吸引をすることによって、あなたが希望した部位の脂肪組織を吸い出し、細身に変身することが可能になります。脂肪吸引を行なうにあたって全身麻酔を行い、また術後は吸引した部位の圧迫が必要になりますが、大抵は痛み止めを飲めば日常生活に支障はなく、日帰り入院で帰宅することができます。また事前に美容整形外科の担当医としっかり確認しておくことは必要ですが、吸引した脂肪細胞の中から状態の良い脂肪細胞を抽出し、それを希望の場所へ注入することも可能です。若い女性の間では腰回りや太ももなどの贅肉が気になる部分から脂肪を吸引し、抽出した自分自身の脂肪組織を胸へ注入する豊胸手術を行なう人も増えています。自分の脂肪組織ですから拒絶反応の心配もなく、またシリコンやコラーゲン注入とは違いその後のメンテナンスの必要もほとんどありません。今後ますます利用する方が増えていくものと思われます。研究や臨床数が増えたことで、胸に注入した脂肪組織の定着率も上がっているそうですから、ほっそりした足とグラマラスな胸を実現することも可能です。